DRAGONBALL EVOLUTION


ようするに心の敷居が下がりまくっていたのだろう。
各所の超☆低☆評☆価のネタバレ感想をいくつか拝見し、所謂「期待感」というものが限りなく低い状態で・・・というより、むしろ逆に「地雷であること」を期待して臨んだのが、幸いしたのだと思う。
それなりに楽しめましたよ^^
ま、よーするに、魔封波をあちらの俳優が愚直に『マフーバー』と発音したのを聞いただけで、
お、頑張ってんじゃん!(温かな微笑
くらいに広い心で観れるか否か、ってコトですな。
悟空が高校生なの観ても、
「あ、コレきっとスーパーサイヤマン編のオマージュですね!」
人通りなさそうな荒野に穴を掘り落っこちる奴を待って身ぐるみ剥ぐという甚だしく疑問符のつく手法の怪盗ヤムチャの登場にも
「それでこそヤムチャ様!」
かめはめ波が何故か回復魔法になってるのも、
「キャー!!チョウ・ユンファが『か〜め〜ふぁ〜め〜ふぁ〜』って叫んでるだけでガチ!」
大猿がこころもち人間より大柄なだけの猿にすぎなくても、
「大猿って英語でも『オオザル』って発音するのか!ここテストに出ますよ!」
トドメのかめはめ波が何故か体当たりなのも、
「コレきっと漫画版の舞空術のアレへのオマージュだよね!貫け!はーっ!てかコレもしかしてジャンプ繋がりで『ダイの大冒険』のストラッシュクロスじゃね?燃える!」
それにしても、映画版のピッコロと大猿が暴れてもそんなたいした被害ないんじゃない?2000年前の人類弱すぎね?
「まぁ、2000年も経てば尾ひれも付くって!ドンマイドンマイ!」
そもそもドラゴンボールは以前「マトリックス・レボリューション」のタイトルで既に映画化されてなかったっけ?
「あっちはスゥツにグラサンじゃん!亀マーク付いてないじゃん!駄目駄目!いやミフネ船長は最高だったけどね!」


・・・あ、いや、貶すつもりはこれっぽっちも^^;
まぁ、貶しどころは正直山盛りなわけですが。細かなところ忠実なわりに全体が駄目というか、最後の闘いがアッサリしすぎというか、ピッコロ弱すぎというか、そのくせ続編を匂わせるシーンで劇場で失笑が起こったとか、でもブルマとチチは良かったとか、パンフ裏に載ってるグッズがシネコンの売店で全然売ってなかったとか、まぁ、色々複雑なものが去来しますけどね?
それでも、万が一続編が出来て、サイヤ人が攻めてきて、悟空とピッコロが共闘するなんてことになったら、やっぱり観にいっちゃうんだろうなぁ、俺。まぁ、続編は絶対ナイとは思いますが(笑)そんなわけで、

この実写映画をモチーフにしたPSP版ゲームを俺は買いそうだぜ!*1

*1:誰か止めてw

広告を非表示にする