「HALO LEGENDS」短評


※えーと、結構前に書いておきながら間違えて非表示にしてたものです。もったいないからそのままUP^^;
世界的に(は)有名なFPSゲーム「HALO」(ヘイロー)のアニメ作品。アメリカ製のゲームだけれど、何故か日本のアニメ製作プロダクションに発注され、プロダクションI.Gボンズなど有名スタジオ参加の8話のオムニバス映画に。その各話の短評をだらだらと。
ちなみに、ゲーマーでないアニメ好きの知人にこの話をしたら「ヘイロー?なにそれ?」って言われて俺涙目><*1

『Origins Ⅰ&Ⅱ』製作:STUDIO4℃

「HALO」の歴史をコルタナさん*2の語りで教えてくれます。なんか、NHK特集というか、歴史教育番組みたいな作り。
フォアランナーとかフラッドとかすっかり忘れていたので大助かりです。肝心のリング状構造物ヘイローの機能まで忘れていた俺・・・*3
後半、年代がゲーム部分と重なってくると、BGMがゲームで聞き覚えのあるものに変わってきて、ちょっと興奮してきましたw

『The Duel』製作:プロダクションI.G

ちょ・・・なにこの超カッコイイ時代劇!?
陰謀によって命を狙われる立場となり、妻を抹殺された元アービター*4・ファルが、数多の追っ手を斬り捨て、遂に仇であるライバル、ハンと対峙する!
という時代劇的にはベタな物語なのだけど、カラフルな水墨画のような*5画面処理に、尺八等の和風BGM、ファルと妻の普段着が思いっきり和服だったり、ライバルであるハンに至っては武者鎧を身に着けてたりと、徹底的にジダイゲキ化されていて吃驚。
それでいて「HALO」の世界観が崩されていないのが凄い。劇中に異種族軍事同盟コヴナントへの参加に反旗を翻す一派が登場したり、後のゲーム本編でのエリート族やその時代のアービターの役割を考えると、なかなか感慨深いエピソード。
正直この1本だけで買った価値あったなぁ・・・アービターかっこよすぎ。あと、グラント族の「悪魔だー><」が聞けたのも嬉しかったw

『Home Coming』製作:プロダクションI.G

そっかー、スパルタン*6って、言ってみればショッカーの改造人間みたいなものだったのねー。まさか適合者である子供を拉致して人体改造施した部隊だとは思わなかったぜ・・・
脱走したスパルタン候補者が家に帰ってみたら・・・というお話。
ストーリー的にはかなりグっとくるものがあるのだけど、いかんせん、アニメとしてのクォリティが先の3作と比べて低すぎる・・・で、ふとスタッフ見たら、このエピソードのプロデューサーって真下耕一だったのね・・・主人公が女スパルタンとか、色々な部分で納得だわ・・・

『Odd One Out』製作:東映アニメーション

・・・え?え?何このドラゴンボール外伝?
なんか、凄く頭の悪いスパルタンがペンギン村に落ちてきて、そこにコブナントが凄く馬鹿な生体兵器(大猿)を送り込んだ。みたいな?
銃撃戦ではなく格闘戦が繰り広げられてるよHALOなのに!空中で「だだだだだだー!」って拳交し合ってるよ!大猿は気を放つよ!
滅茶苦茶だ!でも面白いよー?どうなってんだ??
あと、何気に「HALO」自体の設定を無視してはいないところが凄いよね、コレ。いやー、アリだわw

『Prototype』製作:ボンズ

いやー、「エウレカセブン」のボンズらしいアニメ!
どう見てもホランドです!本当にありがとうございましたww
これまたベタすぎる上にベタな物語なのだけど、短編なので要素が凝縮して中弛みとかないのがイイね。作画も凄いし。
しかし、こういう「宇宙の戦士」タイプのパワード・スーツって本当に久しぶりで、嬉しくなってしまうなぁ。

『The Babysitter』製作:STUDIO4℃

大嫌いなスパルタンとチームを組まされるODST部隊と、とりわけメイン狙撃手の座を奪われて敵愾心満々スナイパー君の話。
う〜ん、このオチはちょっと書きたくないなぁ。もう完全に予想出来なかった!
正直「Homecoming」がまた1つお株を落しました・・・って感じ?あー、これ以上書くとネタバレに^^;

『The Package』製作:カシオエンターテインメント

イキナリCGアニメで吃驚。で、SW的宇宙戦で「あー、なるほどねぇ」となったのだけど、スパルタン部隊が敵艦に突入してからが、なんというか、全エピソードの中で1番「HALO」らしいんじゃないかってぐらい「HALO」で、これは嬉しい誤算!
スピード感のある走りながらの銃撃戦、ヘルメットごしの主観視点*7、クライマックスは定番、足場の崩落!(笑)、そして強敵エリートとの対峙!いやー、これは実に良い「HALO」!
これから鑑賞者をゲームへ誘導するという意味でも、画面のイメージや本編とのノリの類似性もあり、このエピソードが最後にくるのは良い配置だなぁ。
しかし、ヒロインがスパルタン計画の提唱者でコルタナの開発者でもあるハルシー博士なのに吹いたwしかも超イイ女。なんかスパルタンの人望も高いよ?「Homecoming」だと悪の親玉みたいな役回りだったのにww
ところで、うろ覚えなんだけど、カッコ良いエリート族の少佐が、もしかしてゲーム本編でアービターになる人だったりするのかな?

いやー、大満足。ここまで楽しめるとは思ってもみなかったなー。正直今凄く「HALO」がやりたい気持ち。
あと、「HALO」フランチャイズ・ディレクターと、プロデューサー2人のオーディオ・コメンタリーも楽しみだなー。「Odd One Out」とか、どう語るんだろうかw*8

Halo Legends (3枚組) [DVD]

Halo Legends (3枚組) [DVD]

*1:まぁ、世間一般的にはこんなもんなんだろうなぁ・・・

*2:ゲームにも登場する女性型人工知能

*3:いやー、ゲーム「ヘイロー」は2作目以降ストーリーにメリハリがなくって印象が薄まっちゃうんですよね。あ、1は凄いよ!ゾクゾクしながらやりました

*4:コヴナント社会においてエリート族から選出される象徴的な職務

*5:アクリル画っぽい

*6:スパルタン計画で生み出された超兵士。ゲーム版の主人公マスター・チーフはその最後の1人

*7:ライフルの残弾表示とかそのまんま!

*8:後日鑑賞したところ、偉い役職の外人2人が「ドラゴンボール」連呼してて吹いたwしかし、この2人の「HALO」シリーズへの熟知ぶりが凄くて吃驚。そりゃ『手前の統括してるフランチャイズの内容なんて知ってて当たり前じゃん!』というご意見もあるかと思うけど、『偉い人』って日本の会社で言うと数字とか株価しか見てないようなイメージがあるもので、ここまで隅から隅まで設定を知り尽くしてるとねwちょっと感動した。

広告を非表示にする