PS Vita雑感

PS Vita購入しました。

価格改訂は大きな切っ掛けでしたが、
元々DL専用機であるPSPgo使いだったので、主だった購入済みコンテンツをPS Vitaでもそのまま使用可能。(PSPgoは生産終了してるのでいずれは移行する流れ)
最近心を鷲掴みされたメーカーの日本ファルコムがPS Vita推し。
やりたいゲームが5本超えた。
と、動機はいくつかありますが、SONYのモンハン奪われた悔しさと怨みがイタイほど感じられる『ソウル・サクリファイス』の「狩りゲー」部分を強調しすぎた宣伝に、本当にポスト・モンハンたりえるのか、この目で確認したくなった、というのが一番大きいかな。


で、1日弄ってみましたが、やー良いハードですよ!
複数のアプリをサクサク並行して起動出来るの素晴らしい!アプリのDLも、バックグラウンドで楽々こなせるし。
ここらへんは最新のスマホ以上で、PSPgoと比べると感動的なレベルです。


そして、一番感動的だったのは実は、PSPゲームやった時だったりします。
まず画面の拡大から来る迫力・臨場感の増加!
これは、私が画面サイズ最小のPSPgo使いだからより顕著に実感出来ちゃったのだとは思いますが、試しに『ゴッドイーター・バースト』やってみたら、アラガミが怖いのなんの!
右側にもアナログスティックが追加されたのも大きい。これで据え置き機的な操作が可能になり、上記の視覚的効果も相まって、大袈裟かもしれないけどほとんど別ゲームです。


あと、意外にもPS Vitaのブラウザがはてなダイアリーと相性が良いのは拾い物でした。おかげでこうして久しぶりに更新しようという気を起こしてくれましたw
Androidoのブラウザが、はてなとは壊滅的に相性が悪いんですよね。(特に文字入力まわりが最悪)


ただ、残念な点もあり···
まずは、ストレージ問題
今回予算の都合で16GBの専用メモカにしたんですが、足りない。判っちゃいたけど、全っ然、足りない!
まず私の場合はPSPゲームが『ロード・オブ・アルカナ』、『ファイナルファンタジー零式』×2ディスク、『ゴッドイーター・バースト』、『フェイト/エクストラ』、『The 3rd Birthday』の各々約1GBちょいの計7GB。
DLした『ファンタシースターオンライン2』が約5GB。
ラグナロクオデッセイ』と『ワイプアウト』の体験版、その他のアプリを合わせて約1GB。
これで残りは約3GBぽっち。
PS Vitaソフトなら1本が限界。PSPソフトでも2本が限界でしょう。
まあ、稼働率悪いのから消したりPS3に一時退避させればいいんですが・・・


さらに拍車をかけるのが『ウケトルネ』の仕様。
これはナスネ使用者にはないtorne固有の問題かもしれませんが、torneで録画した番組をPS Vitaに書き出す際、ウケトルネというアプリを使うのですが、まず、受け取るPS Vita側のストレージに「何GBをウケトルネ用に使う」とフォルダ設定しなければならないんですね。この録画枠は後で増やしたり減らしたりは出来ないんです。(フォルダ数を増やしたり、フォルダの削除は勿論可能)
私の場合、残りの3GBのうちどれだけtorne用に割くか、まだ決めあぐねています。
後述する『PSO2』などのアップデートでも一時的に1GB以上要求されたりもするので、うかつに使いきれないのが辛い。
(SONYは昔から一旦DL→インスコだけど、Xbox360みたいに直でインスコ出来ないんかなぁ・・・)


今から購入予定で、DLや動画やらをPS Vitaで、と考えている方、迷わず専用メモカ最大容量の32GBをお薦めします!
予算的には厳しいんですけどね・・・ホント高いし。せめて内部にストレージがあったらなぁ・・・せっか本体は良いのに、この仕様が足引っ張ってる。本気でPS Vita普及させたいなら、メモカ同梱くらいはしないと・・・


あと、やっぱ携帯デバイスとしてはデカいよね!(笑)
これは個人的感想ですけどね。タブレット持ち歩きに抵抗ない人にはオッケーでしょう。
私のような、「とりあえず片手で運用出来る」が判断基準なひとにはアウトw
携帯機としてはアウトですが、「ベッドの中でも運用可能な高性能ゲーム機。ネットも出来るよ♪」としては、超有能な子なので、当面外ではPSPgo、家ではPS Vita、という分担になりそう。
つまり、存在を脅かされるのは銀河Tabだったという(笑)


最後にPS Vita用ゲームのことでも。
まず、SONYが悲しいくらい必死にポスト・モンハンに位置付けようと頑張ってるソウル・サクリファイスですが・・・まあ無理でしょう。あ、最初に言っておきますが、これ否定的意見じゃないですからね。
まず、モンハンでいうところの村に相当する場所が牢獄で、死体ろ腐肉が散乱してるとこにゴキブリがはい回ってる時点でモンハン的普及は無理でしょ(笑)
基本的コンセプトがグロテスクなので、これを「次の狩りゲー」として推そうとしてるSONYは、ホント追い詰められてるんだな、と・・・
SONYは、いっそ自分が抱えてるコンテンツである『エバークエスト』を題材にしたモンハン的ゲームでも出せばいいのにね。少くとも世界観では、そこにまったく無頓着なモンハンは上回れるでしょ。(そこは私がモンハンにイマイチ魅力を感じない一因でもある)
おっと閑話休題。
しかし、グロテスク好きな私は結構たまらんものがありますw
武器ではなく、能力を集め、強化する、人体改造じみたシステムも好き。当方『煉獄』とか好きなものでw
倒したモンスターをルートすつのではなく、「救済」か「生け贄」にするか選ぶのもイイ。『ロード・オブ・アルカナ』でもそうだったけど、つくづくこういう要素好きだなぁ、俺。
基本的に主人公はずっと牢獄の中で、クエストは本の記述の追体験。ラスボスにはいつでも挑める、というのも面白い。その本の物語がこれまた良い雰囲気で、『ニーア』とか好きな人にはツボなんじゃないかな?


もう1つはゲーム自体無料でDL出来るファンタシースターオンライン2
私はラグオル派で、PSU及びPSP版では早々に挫折した人なので、どのくらいラグオル臭がするかが気になってました。
結果、やはりベースはPSUの流れなんだけど、世界観はじめ、かなりラグオル臭が戻ってきていて、せっかく無料なんで続けてみようと思います。


とまあ、購入したての雑感はこんな感じです。
間違ってるとことかあるかもしれないけど、どこは優しく指摘してもらえると助かりますw

ファンタシースターオンライン2 スペシャルパッケージ

ファンタシースターオンライン2 スペシャルパッケージ

広告を非表示にする