読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「『怨讐星域1 ノアズ・アーク』感想&『響け!ユーフォニアム』に見る小説→映像作品への落とし込みの妙技」(5月30日のつぶやき&おきにいり)

あれ、またtwitcleからツイート出来なくなってるし(^_^;)頻発するなぁ…Twitter社何してくれとるん?

「今日、元気があったら近場の本屋に響け!ユーフォニアム原作小説の続刊買いにいこうかなー」…なんて、愚の骨頂にも程があること考えてた時期が私にもありました…ようやっと朝ご飯食べれた…朝ご飯で限界でしたし…

いくらなんでも今夜には惑星ミラを訪れたい…(´・ω・`)

朝ご飯しながら響け!ユーフォニアムの1話をリピートしたのだけど、大筋は変わらないけど結構アレンジしておるね。こういう映像作品としての咀嚼を、私は某有名アドベンチャーゲームの某ルートのアニメ化に求めたんだよ。それがこんなところで実現されてて、地味に嬉しい。

響け!ユーフォニアムは、丁寧でクォリティ高いアニメーションに注目が集まるだろうけど、原作を損なうことなく映像作品向けにアレンジしたシリーズ構成・脚本の功績、とても大きいと思うの。ユーフォーテーブルは見習うべき。(言っちゃった)(あ、ユーフォ繋がり←どうでもいい)

(型月、そろそろユーフォーテーブルと縁切ってくれないかな…ゲームにしろ小説にしろ、媒体を考慮しない落とし込みは元の面白さすら損なうので、原作にとって不幸でしかないと思うんだ。いくらファンはそれでも買うとはいえ、原作サイドは満足なんだろうか…)

(まぁ、型月…というか、きのこテキストが映像化向きじゃないのはわかるので、最大公約数的安全策とると今のUBWになる、というの理解できるんだけどね…Zero…というか虚淵テキストが映像向きだっただけなんよね…)

では京アニがそこらへん上手いのかというと、私が好きな『氷菓』なんかも、丁寧さは増してるけど話方は直球で、推理小説という短期的なカタルシス構造がなければどうだったかな、と。ユーフォニアムは、吹部という大人数を処理するための帰結という可能性もあるよね。

やっぱり、ある種の「制限」って作品を引き締めるのかしら。『結城友奈は勇者である』の神がかった構成も、短い1クールというランタイムからの逆算で主要人物以外に焦点当てない(語らない)ことにしたわけだし。

TLにたまたま同じテーマで呟いてる人がいて、なかなか興味深く読むなど。他人の呟きに耳をすませられるのがTwitterの良いところね。

精神が死んでない状態で腰痛と疲労が酷いとホントネガ方向に饒舌になるなー私ー。(精神も死ぬと呟かなくなる)かーわいーい。←?


メトロイドプライムGC版の記憶しかなかったけど、Wii版出た時に買って積んでたのね…これでまた予算かけずにゲームライフが潤いますね。(Splatoonは勿論買うべく頑張りますが)

ちなみに持ってたのはWii版プライムとアザーエム。さすがにプライム2と3はない模様。メトロイドスーパーメトロイドが大好きでして…既にSFC版は持ってないので、バーチャルコンソールとか考えてもいいかもね。1作目のリメイクのゼロミッションとかも。(まー先の話)
怨讐星域? ノアズ・アーク (ハヤカワ文庫JA)
『怨讐星域』読んでてふと、 #XenobladeX でも初めて発見した生物やランドマーク等には自分で名前を付けられたら……よく考えたら大変なことになるから駄目だわ(^o^;)

『怨讐星域』のスナーク狩りの顛末は、なんとなくウィッチャー3のモンスターを倒すための究明や探索を思い起こさせる、ような気がするw(←未プレイ)こちらは普通の人々の集団だし、魔法や秘薬の調合などもないけれど。むしろ原始人のマンモス狩りに近いw

『怨讐星域1ノアズ・アーク』読了。これまた続刊読みたくなるなあ。地球滅亡前に飛び立った選ばれた30000人を載せた世代間航宙移民船。残された人々は空間跳躍を実現させ、怨嗟に燃えつつ世代を重ね、先回りした新天地で待ち受ける。その年代記。続き読みたいなー。

『怨讐星域』は #XenobladeX プレイヤーにはとても興味深く読めると思う。白鯨が不時着した惑星ミラに、別のグループが空間転移で先に到着してました、という話。白鯨と違い船内で世代を重ねる航宙移民船なので、1巻ではまだミラに辿り着かないけどね。

『怨讐星域』そして転移組は、移民船側を太陽の肥大化で滅亡する地球に大多数を見棄てた裏切り者と呪っている。転移も安全ではなく、転移事故でかなり犠牲者が出てるし、転移は身一つなので、開拓にも多くの犠牲が…いずれ訪れる裏切り者達を裁く。これが彼等を1つに纏めるある種の宗教になってる。

『怨讐星域』世代間移民船の側にも当然様々な問題が山積してて、そして地球に残った人の視点もあり、どのパートも読み応えがあって面白い。1冊千円近いので立て続けには買えないけど、じわじわと読んでいきたいな。

同時期に『響け!ユーフォニアム』『怨讐星域』と面白いシリーズものふたつ引き当てちゃって、とうしたものか…来月Splatoon買いたいからどっちもとはいかないし…困りました…おかねほしい…(ノ_<。)

最近読んだりプレイした恒星間移民もの、アヴァロンの闇はコールドスリープ、 #XenobladeX はコールドスリープ+(ネタバレ配慮)、怨讐星域は船内で世代を重ねる&空間転移と、それぞれ違うのが、なんかとても嬉しくって。この感覚わかります?(笑)

ふと、今日読書が進んだのは体調的にゲームやアニメ・映画視聴が厳しいのもあるけど、Twitterの投稿規制でTwitcleがまともに使えず、扱いにくい公式Twitterアプリで呟いてるせいかもしれない。TL追うことが本当に難しいから自然とTwitterから離れぎみになってたよね。