「天使と悪魔」

原作未読。前作未見。
主人公である、ラングドン教授*1のキャラクターを、おそらく意図的に全然描いていない所に意表を突かれた。ようするに「単にヴァチカンの歴史に詳しい頭の回る男」というキャラというより「装置」なのだよね。*2
しかし、それでも、とてもとても面白かった。
娯楽性重視のミステリとして、観光地映画として、「わくわく歴史シリーズ・バチカンのひみつ!イルミナティ編」として、実に良く出来ていて*3、あー、こりゃラングドンの描写なんかとりあえずトム・ハンクス据えておけばいらねーなぁ、と思いました。
それにしても、後半10分をカットしたら、あやうく「空軍あがりのスーパー新○○、ヴェントレスカ・シリーズ第1弾!ヴァチカンの平和は俺が守る!」*4である。いや、それでもいいかな〜、と一瞬思わなくもなかったケド^^;
あと、選出された新教皇と、その前後の会話*5にグっときた。ネタとして以上の関心を宗教というシステム*6に対して抱かない私にも気持ちの良いエンディングでした。*7
 
ところで、なんかコレ、ラストの科学的トンデモ展開のあたりや犯人の動機なんかが、原作とかなり違うっぽいですね?なんかそうい感想を他のブログ様でお見かけしたもので、そのうち原作も読んでみるつもりです。

*1:トム・ハンクス

*2:一緒に鑑賞したK島氏が「見立て殺人だし、コレ金田一だよね」と仰ったが、鋭いね!まぁ金田一の方がキャラ立ってるけど

*3:2時間オーバーのランタイムが短く感じたほど

*4:主演・ユアン・マクレガー

*5:http://sukifilm.blog53.fc2.com/blog-entry-565.html

*6:ネタとしては本当に大好物です

*7:これでヴァチカンが撮影に横槍入れて大変だった・・・みたいなエピソード聞いてなければ、もっと素直に感じ入れたのだが。それに引換え、製作陣は大人の配慮をしたね!偉い!

広告を非表示にする