読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「『結城友奈は勇者である』最終話感想」 #yuyuyu (12月27日のつぶやき&おきにいり)

おはよっぴーです!\(^o^)/さーていよいよ、『結城友奈は勇者である』最終話を観ますよ!因みに、昨夜の0時から5時現在の間に蓄積した #yuyuyu ハッシュタグtweet数は……2300オーバー!?Σ(゜ロ゜;ノ)ノすんごい。

【以下 #yuyuyu 最終話ネタバレ注意】『結城友奈は勇者である』最終話観た…嗚呼、やりやがったよ…完璧な仕事だコレ…愉悦勢も、考察勢も、日常勢すらも、全ての属性の希望を満たす幕引きだった…流石に日常勢のは無理だろうと、私思ってたんですが、無礼てました…

【以下 #yuyuyu 最終話ネタバレ注意】さて三度ほどリピートしてみたが、完璧どころの騒ぎではないなコレ…凄まじい。安易ハッピーエンドガーとか説明不足ガーとかほざいてる人は、地上波映画でCMの度に人物紹介とか粗筋とか出されないと内容理解出来ないお子様なので察してあげて?

【以下 #yuyuyu 最終話ネタバレ注意】と、上から目線で呟いたけど、実際この作品難度高いと思う。かなりの読解力を問われるからね。だって全編叙述トリックの塊だもの。活字離れの著しい最近の中高生、特に読書経験乏しいアニメしか観てない層には、全てを受け止めるには時間を要するはず。

【以下 #yuyuyu 最終話ネタバレ注意】だから、TLの感想が「酷い話だけど最後のハッピーエンドだったので満足です(安堵」と「ご都合主義ラストだし何も解決してねーじゃん東郷さんおっぱいでかいなー」の、ほぼ二極化するのも頷けるんた。音声と、画面内の目立つ展開だけ、追ってればね。

【以下 #yuyuyu 最終話ネタバレ注意】それにしても凄いのは、情報を人物主観に限定することで短い尺で不足なく人物を描き、その行動と意味に多面性を持たせてる点ね。1話以降のほぼ全てのシーンが後になって見返すと全然別の意味を持つ、それがラストまで貫かれてる。これ尋常でないですよ。

【以下 #yuyuyu 最終話ネタバレ注意】あ、感想纏める前に仕事の時間だ。いくつかピクツときた感想に反論とかしたかったんだけど。とりま「東郷さんアッサリ翻った」って人は童貞か同性に厳しい♀、「アッサリ後遺症治るとか身障者に謝れ」って人は電車で席譲らないよな奴だよきっと。(真顔

【以下 #yuyuyu 最終話ネタバレ注意】あと、私の観測範囲内の考察勢の中のでも「◯×が嘘をついていない可能性」に言及していた人はいなかったなー。個人的に現状がある種の天災の範疇にとどまったのは、コンテンツの継続という意味でも個人的には喜ばしいです。

【 #yuyuyu 最終話ネタバレ注意】『結城友奈は勇者である』の結末に安易さとかご都合主義と捉えた人は、「全ての情報が劇中人物の主観に依るもので、天の声(製作者からの断定)は一切ない」という点に留意して観るだけで、結構違う意味を見いだせるんじゃないかな。

ゆゆゆ最終回で「風呂敷広げたまま」「畳めよ」って文句つけてる勢って、『プライベート・ライアン』や『プラトーン』等の戦争映画観ても「戦争終わってないじゃん」とか言うのかな?(同情の眼差し) #yuyuyu

rushiha「腰痛が酷いのに休日出勤で正直かなりイライラきてますギタイちゃん可愛い!\(^o^)/」
ギタイ「ちゃんじゃない」

思い返しても、最終話。20分そこその尺に、あれだけの展開があって、なおかつ駆け足のダイジェスト展開になっていない。きちんと気持ちを乗っけることができて、余韻も充分な〆になってる。くぅー…早く帰宅ってもっかい観たい…(T-T) #yuyuyu

【 #yuyuyu 最終話ネタバレ注意】うーむ。どーも「丁寧に積み重ねた死亡フラグが、Bパートだけで覆された。過程がない」的苦言を散見するけど、同じくらい丁寧に、覆すフラグも積み重ねられてることに、何故気付かないかなー?(時に両フラグは同じシーンだったりする)

すげえクールな #yuyuyu と #sabagebu のコラ画像付きtweetを見つけたのだけど、最終話に抵触するので、拡散はせずふぁぼるにとどめるマン(・ω・)

【悲報】いつ帰れるかわかんないや…もし今朝早起きして #yuyuyu 最終話観てなかったら今頃発狂しとるな…(´・ω・`)
TVアニメ「結城友奈は勇者である」オリジナルサウンドトラック
TVアニメ「結城友奈は勇者である」オープニングテーマ「ホシトハナ」
TVアニメ「結城友奈は勇者である」エンディングテーマ「Aurora Days」
職場に誰もいないのをいいことに、 #yuyuyu のサントラをガンガン流しながら仕事中(σ≧▽≦)σ

諦めた\(^o^)/明日も出勤するマンが確定したマンは勇者ちゃんである! 「ちゃんじゃない」